魅惑のタロット占い

タロット占いのテクニック

タロット占いの基礎について学んだ後は、
応用編として色んな占いテクニックに挑戦してみましょう。

 

「何を知りたいのか」によって、
カードの並べ方(スプレッド)が違ってきます。

 

最初はなかなかカードの意味をうまく解釈できないかもしれませんが、
繰り返しているうちにあなたの直観力も高まっていくハズ。

 

さあ、タロット占いを始めましょう!

タロット占いのテクニックエントリー一覧

基本的な占い方@「ワン・オラクル」
タロット占いは、78枚のタロットカードを使って未来を読み取る占い法。1枚1枚のカードが伝えんとしていることをどこまで正確に&相手に納得いく形で説明できるかが、力の見せどころです。占いたいことによってタロットカードのスプレッド(並べ方)は異なりますが、基本中の基本ともいえるスプレッド法がコチラ。タロットカード1枚で占う、最もシンプルなスプレッド法「ワン・オラクル」です。心に迷いがあって気持ちが落ち着かない時、1枚のタロットカードでパッと答えを決める時によく用いられます。例えば、「気になるあの人に想...
基本的な占い方A「シンプルクロス」
タロット占いは、全部で78枚のタロットカードを使い、1枚1枚の意味+カードの相互関係から未来を読み取る占い法です。占う内容によってカードの並べ方(スプレッド)は様々ですが、最初は少ない枚数のスプレッド法から始めた方が良いでしょう。複数枚のタロットカードの関係性を読み取るのはプロになっても集中力を要する難しい方法なのです。まずは1枚のカードが告げることを読めるようになるまで練習し、徐々に枚数を増やしていくのが無理のない練習法でしょう。この「シンプルクロス・スプレッド」は、2枚のタロットカードで占う...
基本的な占い方B「ダイヤモンドクロス」
自分の気持ちですらハッキリと分からないことがあるのですから、人の気持ちとなればなおさら分からないものですよね。気になる相手は自分をどう思っているのか、相手と自分の未来は重なり合う可能性はあるのかないのか…。そんな時は、4枚のタロットカードが未来を告げる「ダイヤモンドクロス・スプレッド」を試してみましょう。タロット占いは、78枚のタロットカードを使って未来を読み取る占い法ですが、占いたいことによってスプレッド(並べ方)を使い分けます。このダイヤモンドクロス・スプレッド法は、自分と相手の未来を観たい...
基本的な占い方C「ケルト十字」
タロット占いには、様々な占い方があります。その中でももっともポピュラーなのが、「ケルト十字」と呼ばれる方法。一つの問題について、多角的に・より深く占いたい時に使われる、10枚タロットのカードを使った占い法です。ケルト十字とは、ケルト系(アイルランド、スコットランド、イングランド北部)キリスト教の特徴的なシンボルのこと。起源は、キリスト教以前にまでも遡ると言われています。「聖パトリックが異教のアイルランド人を改宗する際にこのケルト十字を作った」という伝説があり、キリスト教のシンボルである「ラテン十...
基本的な占い方D「ホロスコープ」
毎年、年末が近づくと、雑誌では「どうなる?あなたの来年の運勢」…といった類の占い特集記事が目立つようになりますよね。「自分は来年ツイてるのかな?それともイマイチなのかな」「今年は最悪だったから、来年こそは!」…次の1年が幸せであることを祈る気持ちは、古今東西変わりません。さて、占いの特集でよく目にするのが、「ホロスコープ」と言う単語。ホロスコープとは、占星術(いわゆる星占い)において、各個人の運勢を占うために使う天体の配置図のことです。あなたが生まれた時、太陽はどんな位置にあったのか?何座の方向...