魅惑のタロット占い

小アルカナとは?

「タロット占い=カードを使った占い」ということは知っていても、
その内訳がどのような構成になっているかということまでは、
ちょっと勉強しなければ分からないでしょう。

 

タロット占いは、合計78枚のカードを用いる占いです。
78枚全てが揃っているタロットカードを「フルセット」といい、
そのうちの22枚があれば
大まかな運命の流れを占うことができると言われています。

 

その22枚というのが、いわゆるタロットの「大アルカナ」。
そして、残りの56枚が「小アルカナ」と呼ばれるカードセットです。

 

アルカナって、聞き慣れない言葉ですよね。
この「アルカナ(Arcana)」とは
「秘密の」とか「神秘的な」といった意味を持つ言葉。
タロットの持つミステリアスなイメージにしっくり合う言葉ですよね。

 

大アルカナは、「魔術師」「恋人」「世界」といった
タロット占いの代名詞ともいえるメジャーなカード。
占い以外の分野、例えば文学や芸術、心理学、
哲学の世界でも度々登場するモチーフが多いので、
ご存知の方も多いことでしょう。

 

これに対して、小アルカナはマイナー。
トランプの原型とも言われているカードですが、
一般の方にはあまり馴染みがないのではないでしょうか。

小アルカナの種類と意味

トータルで78枚あるタロットカードのうち、
小アルカナと呼ばれるカードは56枚。
「ワンド」「カップ」「ソード」「ペンタクル」
4種各14枚のカードで構成されています。

 

大アルカナのタロットカードが人生の全体的な流れ、運勢を表すのに対して、
小アルカナは、もっと細かい部分まで見ていく時に役立ちます。
(ちなみに、タロット占いの上級者ともなると、大アルカナのカードだけで
細部まで鑑定することができるようになります)

 

したがって、大アルカナと小アルカナのカードを合わせた
78枚で占うことにより、一つの問題を広く、
なおかつ深く掘り下げて占うことが出来るようになります。

 

小アルカナのタロットカードは、とにかく枚数が多いので、
覚えるだけでも骨が折れるでしょう。
しかし、だからといって
「22枚だけで占おう」なんて横着をしてはいけません。

 

78枚全てのカードを使うことによって、
カードとカードの関連性も見えてきますし、タロットの構造も分かってきます。
タロットの真の魅力、奥深さを知るには、
やはり78枚フルセットをマスターすることをオススメします。

 

ちなみに、小アルカナ4種(スートといいます)は
それぞれ次のような意味を持っています。

 

 

◆小アルカナ 「ワンド」 (WAND=杖)
ワンドのタロットカードは1〜10までの10枚の数字のカードと、
「王」「女王」「騎士」「王子」の4枚のコートカードから構成される
合計14枚のスートです。
身近な人間関係や環境、
日々の生活の変化などについて表すカードと言われています。

 

 

◆小アルカナ 「カップ」 (CUP=カップ、茶碗)
カップのタロットカードも、ワンドと同様に1〜10までの10枚の数字のカード、
「王」「女王」「騎士」「王子」の4枚のコートカードから成る
合計14枚のスートです。
人間の心理状態や感情、考え方などを表すカードです。

 

 

◆小アルカナ 「ソード」 (SWORD=剣、刀)
ソードのタロットカードも、1〜10までの10枚の数字のカード、
「王」「女王」「騎士」「王子」の4枚のコートカードで構成される、
合計14枚のスートです。
問題解決を阻む障害や壁、失敗、
アクシデントなどを表すカードとされています。

 

 

◆小アルカナ 「ペンタクル」 (PENTACLE=5つの点を持つ星)
ペンタクルのタロットカードも、1〜10までの10枚の数字のカード、
「王」「女王」「騎士」「王子」の4枚のコートカードで構成される
合計14枚のスートです。
仕事や職場での人間関係、経済状況などをあらわすカードです。

「小アルカナ」の意味関連エントリー