魅惑のタロット占い

ソードとは?

22枚の大アルカナ・カードと、56枚の小アルカナ・カード。
タロット占いでは、この合計78枚のタロットカードを使用します。

 

もちろん、一つの問題を細かく観ていくには
このフルセットを使うのが理想的ですが、一般的には、
大アルカナ22枚があれば大まかな運命の流れを占うことができるといわれ、
この22枚のみで占いをする方も多いようです。

 

そのため、小アルカナは大アルカナに比べるとかなり認知度が低いようですね。

 

しかし、クライアントが抱えている問題について
より深く・細かく分析していくためには、
この小アルカナカードが欠かせません。

 

今回ご紹介するソードも、小アルカナ・カードの一種。
ソードとは、Sword=「剣、刀」のことです。
ソード

 

1〜10までの10枚の数字のカードと、
「王」「女王」「騎士」「王子」の4枚のコートカードの合計14枚で構成され、
問題解決を阻む障害や壁、失敗、アクシデントなどを表すカードとされています。

ソードのカード 解説

問題となっている障害や壁、
予想されるトラブルなどを表すカードとされていて、
クライエントがこれから乗り越えるべき「壁」について
教えてくれるタロットカードです。

 

現状と照らし合わせながら、何が問題なのか、
それを超えるにはどうすべきなのかを読み取っていきましょう。

 

◆ソードのA(Ace of Sword)
強い願望や野心、それを達成するための積極的な姿勢、
行動を表すタロットカードです。

 

◆ソードの2(Two of Swords)
調和の取れた状況、物事の平衡が保たれている状態を表しています。
周囲との良好な関係が保たれていることを窺わせるカードです。

 

◆ソードの3(Three of Swords)
人間関係上の失敗、別れなどを意味します。
例えば、失恋、破局、離別。

 

◆ソードの4(Four of Swords)
自分を取り囲む状況や、自分の精神状態が一旦落ち着いた状況になることを
暗示するタロットカードです。

 

◆ソードの5(Five of Swords)
自分勝手、自己中心的になりがちで、
成功のチャンスを逃す可能性を示唆するタロットカードです。

 

◆ソードの6(Six of Swords)
慎重な行動や冷静な判断が成功をもたらすことを暗示しています。

 

◆ソードの7(Seven of Swords)
思うようにいかない状況で陥りがちな絵がティブな考えや、
現実逃避を表すタロットカードです。

 

◆ソードの8(Eight of Swords)
どうにもならない状況で、精神的に行き詰まっていることを表しています。

 

◆ソードの9(Nine of Swords)
思うようにならない状況で浮かんでくる不安、
ネガティブ感情、恐れなどを意味しています。
失望感が膨れ上がり、気持ちも行動も前向きになれない状態なのでしょう。

 

◆ソードの10(Ten of Swords)
人間関係の破局や、状況の著しい悪化を意味します。
状況的にも精神的にも完全に行き詰まり、
なかなかそこから抜け出せなくなってしまいそうです。

 

◆ソードの王子(Page of Swords)
あらゆる状況に対応できる柔軟な姿勢を意味するタロットカードです。
状況に合わせて臨機応変に対応できる前向きな気持ちが、
問題を乗り越える鍵になるでしょう。

 

◆ソードの騎士(Knight of Swords)
問題解決への積極的な姿勢、行動、勇気を表しています。
思い切って踏みだす勇気が自信につながり、
必ずや成功がもたらされることでしょう。

 

◆ソードの女王(Queen of Swords)
厭世的、批判的な考えや、自己中心的でわがままな態度を表しています。

 

◆ソードの王(King of Swords)
社会的に地位があり、威厳がある人を表しているタロットカードです。
自信や名誉を表すカードでもあり、男性的な要素を象徴するカードです。

小アルカナの「ソード」関連エントリー