魅惑のタロット占い

タロットカードの意味〜小アルカナ〜

タロットカードは、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナに分けられます。

 

アルカナとは、「秘密の、神秘的な、難解な」といった意味。
大アルカナが、大まかな流れや全体像を映し出すのに対して、
小アルカナはより細かい結果が現れてきます。

 

大アルカナ+小アルカナの78枚で占うことにより、
気になる問題をより深く占うことが出来るようになるのです。

 

枚数が多い分、覚えるのが大変かもしれませんが、
心に浮かぶイメージを大切にしながら勉強していきましょう。

タロットカードの意味〜小アルカナ〜エントリー一覧

「小アルカナ」の意味
「タロット占い=カードを使った占い」ということは知っていても、その内訳がどのような構成になっているかということまでは、ちょっと勉強しなければ分からないでしょう。タロット占いは、合計78枚のカードを用いる占いです。78枚全てが揃っているタロットカードを「フルセット」といい、そのうちの22枚があれば大まかな運命の流れを占うことができると言われています。その22枚というのが、いわゆるタロットの「大アルカナ」。そして、残りの56枚が「小アルカナ」と呼ばれるカードセットです。アルカナって、聞き慣れない言葉...
小アルカナの「ワンド」
タロット占いは、合計78枚のカードを用いる占いです。78枚全てが揃っているタロットカードを「フルセット」といい、そのうちの22枚があれば大まかな運命の流れを占うことができるのです。その22枚というのが、いわゆるタロットの「大アルカナ」。そして、残りの56枚が「小アルカナ」と呼ばれるカードセットです。アルカナ…、なかなか聞き慣れない言葉ですよね(笑)「アルカナ(Arcana)」とは「秘密の」とか「神秘的な」といった意味を持つ言葉です。今回ご紹介する「ワンド」は、タロットカードのうち小アルカナに分類...
小アルカナの「カップ」
合計78枚あるタロットカードのうち、大まかな運命の流れを占うために使われる22枚を「大アルカナ」と呼びます。残り56枚は、より細かい運勢を表すカード。それが、「小アルカナ」です。小アルカナは、大アルカナに比べるとほとんどのカードがマイナーで、一般の方にはあまり馴染みがないと思いますが、トランプの原型とも言われているカードなのです。そのうち、人間の心理状態や感情、考え方などを表すと言われているのが「カップ」のカード。英語の「CUP」=カップ、茶碗ですね。カップのタロットカードは、ワンドと同様に1〜...
小アルカナの「ソード」
22枚の大アルカナ・カードと、56枚の小アルカナ・カード。タロット占いでは、この合計78枚のタロットカードを使用します。もちろん、一つの問題を細かく観ていくにはこのフルセットを使うのが理想的ですが、一般的には、大アルカナ22枚があれば大まかな運命の流れを占うことができるといわれ、この22枚のみで占いをする方も多いようです。そのため、小アルカナは大アルカナに比べるとかなり認知度が低いようですね。しかし、クライアントが抱えている問題についてより深く・細かく分析していくためには、この小アルカナカードが...
小アルカナの「ペンタクル」
タロットカードで占ってもらったことがある方ならご存知だと思いますが、タロットカードは1枚1枚に意味があります。そして、カードの並べ方によってもその意味合いが変わってくるのです。タロットカードは合計で78枚ありますので、カードのお告げを読み取るためには、まずはそれぞれの持つ意味を覚えなければならないということになります。タロットカードのうち、「大アルカナ」と呼ばれる22枚は比較的覚えやすいハズ。「魔術師」「恋人」「世界」といったタロット占いの代名詞ともいえるメジャーなカードばかりですし、文学や芸術...