魅惑のタロット占い

古い自分を乗り越える! 「死神」(THE DEATH)

死神

 

「死神」…決して、良い印象を与える言葉ではありませんよね。
筆者の場合は、『DEATH NOTE』を思いだしますが…(笑)

 

この世界に死神が本当に存在するかどうか定かではありませんが、
古の人は「死は死神が招いている」と信じていたようです。
中世時代にヨーロッパでペストが大流行して
人口の1/3が亡くなってしまった時も、当時の人々は
「死神が町を闊歩して多くの死をもたらしている」
と考えていたのだそうです。

 

しかし、タロット占いにおける「死神」のカードは、
決して悪い意味ばかりを表すカードではありません。
死は、哀しいし恐ろしいけれど、
生きとし生ける者、必ず死の瞬間は巡ってきます。
そして、死にゆく命があれば新しく生まれる命があります。

 

物事だって同様で、始まりがあれば終わりがある。
行き詰まった状態をそのまま放っておいて腐らせてしまうよりは、
いっそ終わらせてそれを超えていくほうが良いのです。

 

そうすることで自分自身をリセットして、
また新しい気持ちでスタートすれば良い。
ぐずぐずと腐っていないで、思い切って考え直すことも大切だよ、
ということを「死神」のタロットカードは告げているのです。

 

状況に見切りをつけて終わりにすることは、
必ずしも「逃げる」こととイコールではない。
そこから学んだことを生かして、また成長していけば良いのです。

 

【タロットカード「死神」 キーワード】

 

・終わり
・終止符
・終末
・結末
・崩壊
・解体
・失敗
・変化
・ひとつの恋の終わり
・悪い縁を断ち切る
・仕切りなおす
・新たに始める

「死神」正位置の場合の解釈

自分は絶対に諦めない。
自分は絶対にやり遂げて成功してみせる。
自分たちは絶対に別れたりしない。
この恋は貫いてみせる。

 

…人は、困難に道を塞がれてしまった時、
そんな風に自分を発奮させて前へ進み続けようとします。

 

しかし、全ての困難が努力だけで乗り越えられるとは限りません。
やがて障害や壁が大きなものになり、
避けられない現実を見せ付けられることだってあり得ますよね。

 

そんなどん詰まりの状況で
タロットに答えを見いだそうとする方も多いことでしょう。

 

タロット占いで「死神」のカードが出た場合は、
そんな苦しい状況を終わらせて
新しい方向に目を向ける必要性があるということ。
認めたくないかもしれませんが、
それ以上頑張ってみても状況が好転することはないのでは?

 

苦しい状況を打開するには、古いものを終わらせて新しく始めること。
変化を起こす勇気を持つことこそ、
今のあなたに必要なことなのではないでしょうか。

 

「死神」のカードが出たからといって、
必要以上に怖がることはありません。
むしろ、「死神」が求めているのは「死」ではなく「再生」。
あなたの「復活」なのですから…。

「死神」逆位置の場合の解釈

日本では、努力や忍耐は「美徳」とされていますよね。
確かに、辛い努力を続けることによって
大きな成功をつかみ取ることは珍しいことではありません。

 

しかし、どんなに頑張ってみてもどうにもならないことがあるのもまた人生。
時には、全ての努力を止めてしまって、
関係している全てのものを一度忘れることも大切です。

 

タロット占いにおいて、「死神」のカードは、
正位置で出ても逆位置で出ても言わんとしていることは大きく変わりません。
「死神」のタロットカードは、決して
あなたを死の世界へ引きずり込もうとして表れたわけではありません。
新しい出会いに目を向けて、
全てを忘れて最初からやり直すことを勧めているのです。

 

そして、新しい始まりによって運気は好転することを表しています。

 

もう、過去に囚われることはありません。
「もっと頑張ればなんとかなっていたかも」なんて未練も、
キレイさっぱり流してしまいましょう。

 

過去への未練を断ち切り、より強い自分に生まれ変わるのです!

タロットカードの「死神」関連エントリー