魅惑のタロット占い

タロットカードの意味〜大アルカナ〜

タロットカードは、22枚の大アルカナと56枚の小アルカナに分けられます。

 

アルカナとは、「秘密の、神秘的な、難解な」といった意味。
まさに、タロット占いのイメージにピッタリのネーミングです。

 

特に、大アルカナの絵柄は、
占いの部野以外でも取り上げられるほどメジャーなものが多いのが特徴。

 

大アルカナのみを使った占い方もありますので、
まずは大アルカナの意味をしっかり覚えることから始めましょう。

タロットカードの意味〜大アルカナ〜エントリー一覧

タロットカード「大アルカナ」の意味
タロット占いは、78枚のカードを用いる占いです。78枚全てが揃っているタロットカードを「フルセット」といいますが、実はそのうちの22枚があれば大まかな運命の流れは占うことができるんです。その22枚というのが、いわゆるタロットの「大アルカナ」。タロットのフルセットは、大アルカナ22枚+小アルカナ56枚で構成されているのです。この「アルカナ(Arcana)」とは「秘密の」とか「神秘的な」といった意味を持つ言葉。…なにやら、タロットの怪しい魅力をよく表現していますよね(笑)大アルカナ22枚のカードは、...
タロットカードの「愚者」
仕事でもプライベートでも、後先考えずに突っ走る人を見て、私たちは「バカだなあ」「愚かなやつだなあ」「もっと現実を見ろよ」…と、呆れたり笑ったりしますよね。誰だって、失敗するのは怖いもの。危ない橋を避けて、少しでも安全で確実な道を選ぼうとするのは当たり前のことです。でも、そんな気持ちの背景には、無邪気に新しい可能性に挑戦できる相手を「羨ましい」と感じている気持ちもあるのではないでしょうか。タロットにおける「愚者」のカードは、「あれこれ考えていても仕方がないよ」「やってみなければわからないよ」「心配...
タロットカードの「女教皇」
直感を信じて行動したことが、思いもよらない大成功をもたらすことってありませんか?あーでもない、こうでもないと理屈をこねまわすよりも、自分自身の内側から湧いてくるインスピレーションを信じるほうが、正しい答えを導き出せる…。そんな経験、誰にでも1度はあるのではないでしょうか?タロットカードの「女教皇」のカードは、まさにそんな「直感」の力を表すカード。女教皇とは、日本人に馴染みのある表現をするならば「巫女」みたいな存在です。神々と会話をすることができる不思議な力を持つ女性。神に仕え、神の秘密を守る女司...
タロットカードの「奇術師」
筆者が住む街の駅前広場では、休日になるとよく、奇術師のマジックショーが開かれています。奇術師といっても、テレビなどに出ているような有名どころではなく、素人に毛が生えた程度のマイナーな奇術師さんなのですが…。燃やしたハズの紙がキレイな状態で出てきたり、100円玉が1000円札になって出てきたり。その華麗な手さばきに見入っているうちに、気づいたらすごい人だかりができていた!な〜んてこともよくあります。自分でも挑戦してみようかと思い、忘年会で披露しようと奇術師入門のDVDなどを購入してみたこともありま...
タロットカードの「女帝」
「生きていることが楽しい」と思える瞬間って、人によって違いますよね。美味しいものを食べている時が幸せな人もいれば、旅行している時が幸せな人もいる。サーフィンや登山など、自然と触れ合っている時が幸せだと感じる人もいるでしょう。家族団らんの時間に幸せをかみしめる人もいれば、1人で部屋に籠ってゲームをする時間が一番幸せだと思う人だっています。価値観が多様化した現代では、幸せの形は人の数だけあると言っても過言ではありません。でも、長い目で考えればどうでしょうか?誰とも心を通わせず、会社と部屋の往復を繰り...
タロットカードの「皇帝」
「皇帝」という言葉から、みなさんはどのような姿をイメージするでしょうか。「なんだか偉そう」という人もいれば、「とにかく強そう」と思うかもしれません。タロットカードにおける「皇帝」は、この世界を支配する言わば「王様」。単に偉ぶっているだけでは世界は滅びてしまいますから、常に厳しい目で世界を監視し、「ルールを破っている者はいないか」「何かトラブルは発生していないか」と、見守っています。この「皇帝」のタロットカードは、よく、「女帝」のタロットカードに相対するものとして取り上げられます。女帝は、母親のよ...
タロットカードの「教皇」
日本人にはあまりしっくりこない感覚かもしれませんが、キリスト教信者にとって教会は特別な場所。教会の鐘の音が聞こえる範囲内には悪魔も入ってこられないと信じられています。それ程までに神聖な場所である教会にいる教皇、あるいは神官は、人々を導く神のような存在。迷ったり悩んだりした時、手を差し伸べてくれる絶対的な存在なのです。タロットカードの「教皇」は、迷いを受け入れてくる優しさや包容力、心の広さなどを意味しています。「皇帝」のタロットカードは現実的な世界を支配するルールを表しますが、この「教皇」のタロッ...
タロットカードの「恋人」
いくつになっても、恋の始まりは楽しいものです。意中の相手の姿を遠目に見つけただけで顔がほころんでしまったり、すれ違うためにさりげなく待ち伏せしたり。大好きな相手と気持ちが通じた時には、さらにHAPPY!いつもは気分が乗らない勉強や仕事が妙にはかどったりするものです。なんだか、自分が少し強くなったようにも、美しくなったようにも感じさせてくれる「恋」。相手が人でなくても、仕事でも趣味でもタレントでも、自分が夢中になれる対象に出会えることは幸せな気持ちに導いてくれます。タロットカードの「恋人」は、まさ...
タロットカードの「戦車」
ギリシャ神話の世界では、空を運行する太陽は、戦車に乗った太陽の神が毎日、毎日走っているものとされています。私たちの世界を明るく照らす太陽は、その存在だけで力強く、自信に満ち溢れているかのように見えますよね。タロットにおける「太陽」も、力強く頼もしい意味を持つカードです。タロットの「戦車」は、何かに向かって積極的に物事を進めているやる気に満ちた人間の象徴。太陽は「栄光」のシンボルでもありますから、積極的な行動が結果につながり、最終的には勝利を勝ち取れることを暗示しています。何かに対する迷いを解決す...
タロットカードの「正義」
何が正しくて、何が間違っているのか。誰の言うことが正しく、誰の言うことが間違っているのか。一体、何が正義なのか?それを判断するのは実に難しいことですよね。そもそもこの世では、人間が人間を裁くしかありません。どうすれば感情に左右されずに正しく人を裁くことができるのか、それは古くから哲学のテーマにも挙げられ、多くの学者たちが様々な説を展開してきたテーマです。私たちだって、常に他人を「良い人」「悪い人」「好きなタイプ」「嫌いなタイプ」…と、無意識に分類しているハズです。好感を持てる人には優しく接するで...
タロットカードの「隠者」
隠者…普段、聞き慣れない言葉ですよね。「隠居」とはちょっとニュアンスが違うような気がしますし…(笑)。タロットの「隠者」のカードには、暗い道をカンテラの灯で照らしながら進む老人の姿が描かれています。この老人こそ、「隠者」の象徴。長い人生を経て身につけた知恵を持ち、その知恵を元に夜道も迷うことなく進んでいくことができるのです。隠者は、物事の核心や真実を知っています。また、歳をとってもなお、真理を求めて暗い山奥へと入って行こうとします。そしてそこで、自分の内面に向き合い、真実や答えを導き出すのです。...
タロットカードの「運命の輪」
人生、良い時もあれば悪い時もあります。いまさら、若輩の筆者が言うまでもないことでしょうけど…(笑)。幸せなことがあったと思えば不幸な出来事が巡ってきて、ツイてないと思っていたら思いがけないHAPPYが転がってきたり…。この様子はしばしば、「輪」に例えられます。古代の人々は、私たち1人1人の運命は巨大な「輪」の上に乗っかっていて、運命の女神がこの「輪」を転がすことによって人の幸・不幸が移りゆくのだと考えたのです。タロットカードの「運命の輪」に描かれているのは、まさにその輪。周期や運命を意味するカー...
タロットカードの「力」
「強い人」ってどんな人のことを言うのでしょうか?力が強い人?ケンカが強い人?地位やお金を持ってる人?権力がある人?意思が強い人?…強さの定義は国や組織によっても違うでしょう。本当の「力」や「強さ」を定義しようとすること自体、間違っているのかもしれません。しかし、弱い相手を力づくで服従させたり、相手を傷つけたり、偉そうに踏ん反り返って弱い立場の人を虐げたりすることが本当の強さではないことは誰もが認識しているハズです。実際、身体が華奢で柔和な顔つきをしている人が、思わぬ精神力で偉業を達成したりするこ...
タロットカードの「吊られた男」
子供の頃、公園の鉄棒に逆さまにぶら下がって遊んだりしませんでしたか?頭に血が昇ってきて、確かに苦しいには違いないのですが、いつもとは違う逆さまの眺めが意外と楽しかったりして…。タロットカードの「吊られた男」も、まさにそんな状態。逆さまで宙吊りされて、不自由で思ったようには動けないのですが、この男はさほど苦しそうな表情をしていないのです。むしろ、いつもとは違った世界の見え方を楽しんでいるようにさえ思えます。タロット占いで「吊られた男」のカードが出た時は、「今はちょっとお休みして違う見方をしてみたら...
タロットカードの「死神」
「死神」…決して、良い印象を与える言葉ではありませんよね。筆者の場合は、『DEATH NOTE』を思いだしますが…(笑)この世界に死神が本当に存在するかどうか定かではありませんが、古の人は「死は死神が招いている」と信じていたようです。中世時代にヨーロッパでペストが大流行して人口の1/3が亡くなってしまった時も、当時の人々は「死神が町を闊歩して多くの死をもたらしている」と考えていたのだそうです。しかし、タロット占いにおける「死神」のカードは、決して悪い意味ばかりを表すカードではありません。死は、哀...
タロットカードの「節制」
古くからヨーロッパでは、「節制」「勇気」「忍耐」「正義」は人間にとって大切な心の働きとして考えられていました。タロットカードに「節制」のカードがあるのも、そういったヨーロッパの価値観が影響しているのでしょうね。節制とは、「節度ある行い」という意味。例えばタロットの「節制」のカードでは、川岸に立った天使が一方のカップからもう一方のカップへと、「一滴もこぼすまい」とするかのように丁寧に水を移し替えている様子が描かれています。この節制のカードが意味しているのは、安定や節約、状況管理などが良い結果を導く...
タロットカードの「悪魔」
誰だって、誘惑に負けてしまうことはあります。悪いことだと分かっているのに、どうしても自分の欲望を優先させてしまう…。後になって考えてみれば、「どうしてあの時、あんなバカなことをしてしまったんだろう」「自分はどうかしていたんだろうか」…と後悔しますが、もう後の祭り。やってしまったことは取り返しがつかないのです。悪いこと、ルール違反だと分かっているのに悪いことをしてしまうのは、一体なぜなのでしょうか。「それは、私たちの中に悪魔が棲んでいるからだよ」と教えてくれるのが、「悪魔」のタロットカード。「魔が...
タロットカードの「塔」
みなさん、「バベルの塔」をご存知でしょうか?バベルの塔は、聖書の中に登場する塔です。人間たちが、天上の神の世界に届くような高い塔を作ろうとして石を積み上げていたことが神様の逆鱗に触れ、「思い上がるな!」と稲妻を放ってこの塔を突き崩してしまったのです。タロットカードの「塔」は、このバベルの塔を象徴したものと考えられています。つまり、「どんな状況にあっても、思い上がっていれば必ず失敗するゾ」「油断していると足元をすくわれるぞ」という警告なのです。…これだけ聞くと、ものすご〜く不吉なタロットカードです...
タロットカードの「星」 
学校の帰りや仕事の帰り、なんとはなしに空を見上げることはありませんか?真っ暗だとなんだか心細いけれど、星が出ていると夜道も怖くなくなったりします。星は、古くから希望のシンボルとして人々に親しまれてきました。哀しい時、落ち込んだ時、さみしいとき、人は星からパワーをもらって自分を慰めてきたのです。また、暦や方角を知る上でも星は重宝されてきました。遊牧民も旅人も、船乗りも、星の動きを頼りにしてきたのです。タロットカードの「星」も、希望や期待、明るい将来を表すカードです。実は、タロットの中でも「星」のカ...
タロットカードの「月」
満月の夜は事故や殺人事件が増えるって聞いたことありませんか?出産も増えるっていいますよね。月は地球の周りを回る衛星ですから、多かれ少なかれ私たちの身体に影響を及ぼしているのでしょう。月の引力で引っ張られるから出産が増えるという説もあるようですよ。ところで、科学の世界のみならず、オカルトや占い(タロットに限らず、占い全般)の世界でも月は人間に様々な影響を与えるものとして知られてきました。古より、月は人の心の深い部分、普段は自分でも自覚していない無意識の部分を照らし出すと言われてきました。また、月夜...
タロットカードの「太陽」
太陽が持つパワーって、ものすごいですよね。太陽から放出されているエネルギーは、キロワットで表すと、4の後に0を23個も並べた数値になるのだとか!地球に届くエネルギーだけでも、100万キロワット級の原子力発電所が2億基分という途方もない数です。私達人類が使ってきたエネルギーなんて、1日あれば作れてしまうらしいですよ。さすが、太陽系の王者です。占い(タロットのみならず、占い全般)の世界においても、その存在は特別。自分の個性を表現していく力や、人からの信頼、人気などの象徴として捉えられています。タロッ...
タロットカードの「審判」
誰にでも、忘れたい過去の一つや二つ、あるでしょう。自分では忘れた気になっていても、ふとした瞬間に思いだしてしまったり、その過去に囚われて前へ進めなくなってしまったり…。「審判」のタロットカードは、そんな過去と折り合いをつけるよう促すカード。「審判と過去と、どんな関係があるの?」と疑問に思う方も多いかもしれませんね。タロットカードの「審判」は、キリスト教の「最後の審判」に由来するものと考えられています。キリスト教では、死の直前に天使が地上に舞い降りてきて、彼らが鳴らすラッパの音で死者がよみがえると...
タロットカードの「世界」
この世界には相対する2つのものが数多く存在します。それは例えば、男性と女性、陽と陰、始まりと終わり…。もしも、相対するものの長所も短所も全てが一つになったらどうでしょうか?それは、完璧で完全で、最強な状態なのかもしれません。タロットカードの「世界」が表しているのは、まさにそんな「完全無欠」の状態。この世界のあらゆるものが完璧に調和した様子が描かれているのです。そしてそれは同時に、発展を続けてきた物事が「頂点」を迎えたことを示唆するカードでもあります。これまでの努力の全てが報われて、物事が成就した...