魅惑のタロット占い

正位置と逆位置とは?

みなさん、タロット占いの手順は習得しましたか??

 

そう、まず、カードをよ〜くシャッフルして、次にカットして…。
この時、知りたいことを頭の中で考えながら手を動かすことが大切でしたよね。

 

さてさて、カットが終わってカードを並べてところで、
次はいよいよカードをめくっていくわけですが。

 

ここで、「??」と思うのが、カードの位置です。
上下が正しく出る場合もあれば、
上下が逆になって出てしまう場合もあります。

 

それはそうですよね、
裏返した状態でシャッフルして並べているわけですから。

 

「でも、同じカードなんだから問題ないんじゃないの?」
という大雑把な意見も聞こえてきそうですが(笑)、
タロット占いの場合、この「位置」が結構重要な意味を持っていたりします。

 

ちなみに、上下が正しく出ている場合を「正位置」と呼び、
逆になっている場合を「逆位置(リバース, reversed)」と呼びます。

 

同じカードでも正位置と逆位置では
占い結果が違ってくることがありますので、
シャッフルするときにはカードに正位置と逆位置ができるように
ランダムに混ぜるのが良しとされています。

必ずしも逆ではない

「正位置」「逆位置」というと、
まるでカードの意味が真逆になるかのような印象を受けると思います。
実際、逆の意味に捉える占い師さんもいますし、
テキストでもそのように教えている場合があります。

 

しかし、一般的には、単純に意味が逆になるというものではありません。
多くの占い師さんは、
この正位置・逆位置にこだわらずに意味を解釈するようです。

 

正位置・逆位置にこだわりすぎて、カードが言いたいことを
間違って解釈してしまうのでは元も子もありません。

 

「逆位置だから不吉なことが起る」と決めつけてしまうのはNGです。

 

タロットカードは、「良い」「悪い」の2つの意味で
すべて解釈できるほど単純ではありません。
初心者の人ほどこの罠にハマりやすいのですが、最初は特に、
「正位置」「逆位置」にこだわらずに解釈したほうが良いでしょう。

 

大切なのは、そのカードが出たことにどんな意味があるかということ。
スト―リーを読み解くということなのですから!

タロットカードの声に耳を傾けよう

正位置が良い、逆位置が悪いという
2つの意味ですべてを解釈してしまうのは、とても危険なこと!
カードによっては、逆位置でも結果が吉となる場合もあるのです。

 

タロット占いは、インスピレーションを非常に大切にする占い。
たとえ、テキストでは悪い意味であっても、
あなたが「そうじゃない気がする」と思えば
そうじゃない場合だってあり得ます。
とにかく、精神を研ぎ澄ませてタロットの声を聞くのです。

 

また、全ての物事についても言えることですが、
タロットカードは二面性を持っています。
長所が短所ともなり得るように、
良い意味のカードも観方を変えれば悪い意味にも解釈できます。

 

今が最高!という意味のカードは、
裏を返せば「これからは下降線。悪くなる一方」という解釈も可能。
紙一重でいろんな解釈が出来るのです。

 

ですから、必要以上に位置の正逆に囚われず、
自分の感性を大切にして鑑定していきましょう。

正位置と逆位置が持つ意味関連エントリー